スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
勝手にブログ評論
センターお疲れ様でした。
あともうひと頑張りなのです。

今日は全く何の脈絡もありませんが、「勝手にブログ評論」なるものをやってみたのでその結果を載せてみます。

RSSを読み込んで、そこから固有名詞と思しき単語を抽出し、評論文テイストにつなげてくれるらしいです。
なので、同じブログなんかでも、日によってRSSで読める記事が変わるために違った結果が出るそうです。
点数なんかも無根拠だそうで。


勝手にブログ評論
はるばーもんど評論
香辛料5 はいわば、 冬コミ行におけるロマネ・コンティだ。

総合得点 30点

時にはギリシアの砂浜で 題名を愛でるのもいい。それは ハヤテなのだと言える。紳士淑女は刮目して ハヤテを見よ。パソコンが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。而して、「高尾山ラストとはなにか?」という質問をされたとき、パソコンについて考える必要がある。パリの12区あたりには、 ご無沙汰を売っている店がいくつもある。 冬コミ行は時に ハヤテを引き立たせる。大切なことなのだ。

まず「マンガハヤテ事件」について振り返ってみたい。換言すれば、パリ5区の静かな住宅街にひっそりと支倉凍砂がある。 冬コミ行とは、時に危険なものである。どうにかしてマンガハヤテを引き立てたい、という意図のあらわれだ。香辛料5 はかつてドゥルーズが見通した「 彩乃ち型社会」のインフラそのものなのだ。香辛料5 などはケンブリッジのキャンパスであちこちに見かける程度にはありふれているのである。イートン校を知らない貴族がいないように、高尾山ラストを知らぬニューヨーカーも居ないのだ。パリ5区の静かな住宅街にひっそりと数ヶ月間がある。 冬コミ行に第153話を組み合わせると、だれもが「 ご無沙汰」事件を歓迎はするまい。むしろ「香辛料5 」大会などと称して、それをたたえるのはどうだろうか。まずは最上級の ハヤテ、それもスイス製の精緻なやつを手に入れる必要がある。「立ち上げ」主義を掲げる人々を、無謀なドン・キホーテと嗤う事は容易い。だが果たしてそれで良いのか?数ヶ月間は到底実現不可能に見える。ライトノベルは悪くない。悪いのは2人+雪路である。人々はいかにして「☆☆☆☆☆ 」事件から立ち直ったのか。

どうだろう。☆☆☆☆☆ もそうだ。



ということで、微妙に文脈があるように見えたりしてクスっと笑えました。
皆さんもやってみてはいかがでしょう?

作成者さんはこちら
2008/01/22(Tue) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/81-f8d1f692
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。