スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハヤテのごとく【123話】大敗
ぃゃーっ。見事に外れたねーorz
今後はもっと確信があるときだけ記事にしよう。恥ずかしすぎる><

アニメの感想は都合で出来なかったですが。
まぁ。

ナレータ「湯船は染まった!ハヤテからほとばしった真っ赤な入浴剤で染まった!」
ハム「ぁ、流れ星」→END
マリア「うわぁい」

が面白かった。内容はほぼ原作どおりで。
第3話はエイト&タマ。ハーマイオニーはまだっぽい。


ってことで今週の話。
そうそう、新連載の「メテオド」はナウシカとかとある魔術(アクセラレータ)を感じた。
絵が結構好きな部類♪
感情のあたり持ってくるのは好きなので、次週にも期待しとく。

では気を取り直して。

まずは回想から。
ちっちゃいナギと伊澄がかわいすぐる
全ての発端はやっぱりというかなんと言うか伊澄。

「ねぇ、もう一度…お母さんとお話がしたい?」

そして前記事を一撃否定(ははは
123-1.jpg


お墓の前でいきさつを話ししんみりするナギにサクからの突込みがクリーンヒット!

すると紫子さんに呼ばれたのか、続々とみんな集まってくる。
無駄に見えた人員は紫子さんの御意向ですか。

ヒナギク周りはにぎやかな百合(ん)で。
集まってお花見。

そこから外れてナギとハヤテ。
ナギはちゃんとお金だけではどうにもならないものがあるということを知っています。
このタイミングで帝が出てくるのはやっぱりどうにかしようとしてるのかなぁ。

一人で再びお墓へ来たハヤテは決意と挨拶。
123-2.jpg

迎えに来たナギはハヤテを紹介し。

今度のエーゲ海の星はミコノス島でいいんですよね。



本当にきれいに終わりました。
ちょーっと説明不足感がありますが綺麗な締め方で。
アニメの最終回に(なるなら)ふさわしい話。まぁ終わって欲しくは無いですが。

BSより。

で、今回の話というかシリーズですが……説明不足でしょうか?

僕としてはこれくらいの「なんとなく分かる感じ」の方が
良いかな~と思ったりするのですが、どんなもんでしょう?


もう少しわかりやすくてもいい気がします。
一回読んだだけでは「んー。」って感じだったんで。
僕の読解力がダメなんですかね。

少しだけ……どうしても解説を入れるなら
伊澄の力が使えなくなったのは、本人はトラウマのせいと
思い込んでいますが実は違うということです。

すべての始まりが何であったのか。
ただ紆余曲折の末、あの人と話が出来たのは結局、
少女の執事だったわけですが……。


トラウマじゃないってのは解説入れてもらわないとわかんなかったと思う。
全ての始まりはやっぱりあの絵と伊澄の言葉ですよね。
ナギと紫子さんが話すはずだったのに、ハヤテと紫子さんになった。
それはわかるんですが、何で今になって……?という感じで^^;

この辺は360度の方針転換さんの記事が合ってると思いますー。


やはり伊澄サイドをもう少し厚くやればもっと良かったかな?
まぁ説明不足な気もするし、これ以上の説明もヤボな
気がして悩むところです。


マヤの紹介のところに若干組み込むのに賛成です。
小説だと主語なしで合間合間に書いていって、最後にこのタイミングでわかるっていう手法が使えたと思うんですけど。

さてさて、そんなわけで漫画的には、ようやくここから
第三部といった感じです。
いよいよ後姿やら愛称やらでしか登場していないアノ人が
出てくる……はずです……。予定では。


姫神くんは愛称じゃないので違うはずです。
みなさんもお分かりのとおりアーたんだよね。そうだよね。


で、ハヤカレさんに載っていたハヤテ11巻の表紙がいままでになくいい!
綺麗だぁー。




トラックバック送らせていただきました♪(敬称略)

tanabeebanatの日記
ぷらずまだっしゅ!
ヒナギク様を見てるっ!?
360度の方向転換


実はランキングに登録しております。
クリックしていただけるとなんとランクが上がるそうです。
よかったらお願いします。
FC2 Blog Ranking
2007/04/12(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/36-2f9d5199
●海のグラフィック誌「スフィア」より
海のグラフィック誌「スフィア」・イルカが無主物、捕まえた人のものという考え方が日本にはある。しかし、イルカも空気も人類の共用財であり、水産資源は漁... イルカからのメッセージ【2007/04/12 09:16】
ハヤテのごとく!123話【いつか…信じて】畑健二郎
 登場人物百花繚乱。伊豆下田、総集編。 私なりに整理解釈してみると、ことの起こりはやっぱり伊澄の魔力。 光の巫女はもういちど母親に会わせようと友人の願いをかなえる術を使ったものの、ナギの願いは母の冥福の方にあって宇宙船と宇宙人のイラストが実体化してし.... 360度の方針転換【2007/04/12 12:23】
今週のヒナギク様43
ハヤテのごとく!第123話「いつか……信じて」のヒナギク様まあ、本編はたぶん暫定最終回だろうという話をやっていますが、ヒナギク様が出ているのでまるでスルー。たった、2回でていなかっただけで、どれだけ待った ヒナギク様をみてるっ!?【2007/04/12 19:57】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。