スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2010年1月の読書メーター!
週一更新をいきなりぶっちぎってますほんと申し訳ございません。
テストがいけないんですとしか言えませんが普段勉強しない自分が一番悪いんです。

というわけで読書メーターでお茶を濁しにかかる!←

1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2713ページ

剣の女王と烙印の仔 4 (MF文庫 J す 3-4)剣の女王と烙印の仔 4 (MF文庫 J す 3-4)
フランチェスカ様半端ないっす。切ねぇ。カーラ先生の強さが未知数すぎで怖いです。フランを中心とした話と、神話や神とかクリスやらをメインにした話と、恐らくどこかで混ざってくるんだと思います。どちらも今後が気になります。
読了日:01月25日 著者:杉井 光
お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)
おお、オールカラーというか絵本形式なのかとびっくりしました。中身は時雨沢さんです。絵の温かさと相まって不思議な世界というか独特の雰囲気を醸し出していますね。気に入ったのは「あなたのいるばしょ」と「くすりはひとつ」あたり。
読了日:01月24日 著者:時雨沢 恵一
これはゾンビですか?4  うん、先生が最強だよ! (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?4 うん、先生が最強だよ! (富士見ファンタジア文庫)
やはりユーとトモノリですね!みんなかわいいけどね!この巻ではユーやハルナ、セラの感情というかスタンスの微妙な変化と、物語の大きな外枠が見えてきました。相変わらずギャグ・シリアスの落差は激しいですが個人的には混在されるよりはメリハリがあってイイと思います。
読了日:01月21日 著者:木村 心一
ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
やっと読めた!もうやりたい放題の弾けまくりで楽しませてもらいました。弁当の描写にも磨きがかがっておりとてもお腹がすきます。続刊も手元にあるので早いうちに読みたいどころ。
読了日:01月18日 著者:アサウラ
桜木メルトの恋禁術 (MF文庫 J も 2-5)桜木メルトの恋禁術 (MF文庫 J も 2-5)
余りにテンプレ過ぎましたが、だからこそそこそこ楽しめたかなと。世界が狭く閉じたまま終わってしまったのでちょっとしょんぼり。普通に楽しませていただきましたって感じ。友情の契約とかがもっと切ない感じに絡んできて欲しいんだけど、この巻の時点でこれだからなぁ。次があるなら突飛な方向に持って行って欲しいかな。
読了日:01月13日 著者:森田 季節
バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫)
相変わらずのバカテス節で楽しませてもらいました♪ 学園は変態ばっかりですね!良心は工藤さんだけか。工藤さんみたいな姉が欲しい。。。過去話もよかったと思います
読了日:01月10日 著者:井上 堅二
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)
シリーズで一番よかったと思います。黒猫めっちゃ可愛いかった。でもなんだかんだ桐乃が好き。まなみもイイ子、てかすでに夫婦だろw 兄妹の、友達間のあの空気感が本当に大好きです><
読了日:01月08日 著者:伏見 つかさ
バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)
やり過ぎ感はあるけどやはり翔子が可愛いなぁ。今回は坂本もそうだけどそれを立てる吉井もかなり格好よかった。
読了日:01月06日 著者:井上 堅二
とある飛空士への恋歌3とある飛空士への恋歌3
これもやっと読めた。死亡フラグバリバリだしそのために思いで作り(アリーメン)やるしで王道ど真ん中最っっ高です!前巻のレヴァームから今巻でX猫とか最終行9文字とかもう鳥肌>< 次が待ち遠しいです。
読了日:01月05日 著者:犬村 小六
ラノベ部 3 (MF文庫 J ひ 2-18)ラノベ部 3 (MF文庫 J ひ 2-18)
やっと読んだ。温い温いこの感じが好きでした。終わるタイミングもよかったと思うし、ラノべや物語、言葉について軽く突っ込んでいった点はとても良かったかと思います。龍ちゃんの結論は聞かずともわかるよねー。
読了日:01月05日 著者:平坂 読

powered by 読書メーター


////

各書についてはコメントで書いてる通りです。
1月は「とある飛空士への恋歌3」と「俺妹5」が良かったのは言うまでもなく。

「剣の女王と烙印の仔4」もなかなか良かったと思います。
フランの痛みと、周りとの関係と、そのあたりですね。
フランのセリフのどこまでが本音で、どこからが偽りなのか。
偽りも周りを想っての偽りだったりしますから本当に切ない。
ぁ、切ないのが好みなのです。



////

今月はみんなが待ってたロウきゅーぶ!やアクセル・ワールド、狼と香辛料とかとかの続刊と、電撃小説大賞から大賞・金賞・銀賞が1つずつ出てますのでこちらも楽しみですね!
他にもバカテス・いつ天の外伝やらカルマ4とかも出ますね☆
僕カルマ読んでないんですけどorz

今月も楽しく読んで参りたいと思います!
2010/02/01(Mon) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/223-59a173b5
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。