スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Meadow(GnuEmacs)でSWI-Prolog導入。つまりWindowsでProlog@Emacs
単純に大学の授業の課題をするにあたって導入したので、もしかしたら間違ってるかもですが、同じ境遇でとりあえず入れなきゃなんなくなった人とかには役に立つかもです。
僕のPCのOSはWindowsXP home editionだったはず←



■ まずはソフトとか。
▽SWI-Prolog : http://www.swi-prolog.org
左側メニューのDownloadsから
SWI-Prolog/XPCE 5.8.0 for Windows NT/2000/XP/Vista
をダウンロード→インストール
年月が経てばバージョンは変わるでしょうし、OSによっては別のでないと使えないかもですが「for ~」の部分を見たら自分がどれ要るのかはわかるかと。

ちなみにこれを入れるだけで.plのファイルをクリックすると普通にプロンプトが開くようになるので、他のエディタで編集するから別にEmacsとかいらねーよって方ははこれだけで事足ります。



ほんでEmacs
▽Meadow : http://www.meadowy.org/meadow/
Meadowがどんなものなのかってのはすいませんがよくわかりませんというか調べてません。
とりあえず使えればそれでいいって人間でして。
サイトの真ん中か右側あたりにあるボックスにメニューらしきものがあって、そこの「ダウンロード」から。
僕がダウンロードしたのは
「Meadow 2.10 (ASAGAO) -- リリース版」ってとこにあった
Netinstall packagesの「setup-ja.exe」
インストールはこちらを参考に。
>便利なツール Emacs らくらく入門 : http://books.ki.nu/rakuraku/meadow.html

Emacsが入ったら、デフォルトだとC:/Meadow/bin/Meadow.exeでEmacsが起動します。






■ で、これでPrologが動くようにするにはですね。
フォルダ位置はデフォルトってことで。
C:/Meadow/dot.emacs.ja
ってファイルがあるんで、これをエディタで開いて、どこでもいいので以下の文を追加してください。


; for SWI-Prolog
(setq auto-mode-alist
(append '(("\\.pl" . prolog-mode))
auto-mode-alist))
(setq prolog-program-name "C:/Progra~1/pl/bin/plcon")
(setq prolog-consult-string "[user].\n")


そんでもってファイル名を .emacs にして保存してください。

そうしたらさっき入れたEmacs(Meadow)を起動して
M-x run-prolog
*M-x はEsc+x
でprologが起動するはず。
「?-」とか出てなくても打ったら反応します。



これで作業は以上になります。




■ 使うに当たっての補足
Emacsでprologが起動したときに見ているフォルダ(カレントディレクトリ)はSWI-Prologのインストールフォルダです。
デフォルトなら
C:/Program Files/pl/
とかなので、この下にフォルダを作ってやるといいです。
(任意のフォルダ見るようにするやり方は知りません。わかる方は是非コメントなんかで教えてください><)

例えば
C:/Program Files/pl/plsource/test.pl
のようにファイルを作ったとすればコンパイルの時は
[swi('plsource/test')].
とすればコンパイルできます。
ちなみに一度コンパイルすれば以後はCtrl+↑で履歴が使えるので楽です。
できれば[test].でやりたいもんですがやり方が分かりません←

ほんで、コンパイルしてしまえば、後はパスとか気にせずに述語とか書けば答えてくれます。
↑で作ったtest.pl内に

plus(A,B) :- B is A+1.


と書いてあれば
plus(3,B).

B = 4
が返ってきます。


あと関係ないですがオススメとしては
Emacsのプロンプトで
C-x 3
*C-xはCtrl+x
とすれば、画面が縦に2分割されるので、片方にソースファイル、もう片方にPrologのプロンプトを出しておけば開発が楽です。





以上です。
お役にたてれば幸いです。
2009/11/08(Sun) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/217-15be8e5d
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。