スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
[ラノベ][電撃][水鏡希人]これはいい兄妹だこと!「静野さんとこの蒼緋」
【バレありですー】

平和の温故知新さんの2008年下半期のラノサイ杯、やったはりますねー。
今までちょっと遠慮しちゃってたんですが、今回は参加するつもりです。
自分は何に投票しようかなぁとか考えつつ、感想をば。



.

題名:静野さんとこの蒼緋(ふたご)
作者:水鏡希人
出版:電撃文庫


突如やってきた少女は、とっても凶暴な――双子の妹!!?

「お前に紹介したい人がいる」
 ――そう父に言われ、蒼介が引き会わされたのは、可愛くも凶暴なひとりの少女だった……というか、今まで存在すら知らなかった双子の妹・緋美子だった!!?
 押しかけ的に同居することになった緋美子に終始やられっぱなしの蒼介。家だけでなく同じ学校に通うことにもなってしまっていよいよ息つく場所もなくなり……。そうまで蒼介をやり込める緋美子の真意とは? そして双子ともども巻き込まれてしまった、学校で起こる妙な事件の真相とは!?
 口も達者、腕っぷしも強くて、でもとってもかわいい双子の妹の登場から始まる、ドタバタ学園コメディ登場!!




俺妹といい、最近なんだか妹大好きだな。
正確に言えば、ツンデレ妹大好きっ!ってか。

表紙の絵がホントによくできてる。読んだ人なら分かると思う。
読んでから改めて表紙を見て、ちょっと鳥肌たった。僕だけかなぁ。


ミステリなのかなーと思って読んでいたら、結局異能かよ、とか思ってしまってすいません。
魔法使い設定で全部つじつま合ったので文句なんてありません
というより、そんな設定よりも兄妹の心の動き方というか、緋美子が蒼介を、蒼介が緋美子をお互いに理解していく過程が丁寧でよかったと思います。


ラスト手前(保健室)で視点が高原さんに移っちゃったのが少し違和感なんだけど、それがなかったらまた悪霊が取り付いたときの記憶が無いって設定が微妙になるしなぁとか。
とりとめのないことも思ったりしていますが、科学部、新聞部もまだまだ掘り込める部分もあって魅力にあふれているし、緋美子はやっぱりかわいいしで、どんどん続いて欲しい作品です!




2009/01/16(Fri) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/187-49de8675
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。