スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
[橋本紡][野生時代]12月号 新連載「サイドチェンジ」
すこし遅めですが、やっと読むことができますた!
野生時代61号(12月号)

あらすじというか、導入はといえば

地元サッカークラブに入っている高校生の青春ドラマ

だと思います。まだ1話なんでアレですけど。


悩んで、ただ立ち止まってるより、突っ込んだほうがいいじゃないか。チャレンジを続けていれば、ボールがたまたま、いいところに転がってくるかもしれない。最初から諦めて、立ち止まっていたら、それを逃してしまう。どんなに確率が低くても、走り続けるべきなんだ。

本当に青春です。
高校生です。
悩みます。
諦めようかとも思います。
努力しても無駄なんじゃないかと。


サッカーなんて、どうでもいいじゃないか。食えないのはわかっている。だったら、まともな大学に進んで、まともな就職をした方がいい。でも、と思う。俺、サッカー好きなんだよ。こんなにマジで取り組めたことなんて、サッカーしかないんだ。トラップをきっちりとめられたときや、ディフェンダーを抜いたときなんて、体が痺れる。冗談じゃなくてさ。本当に痺れるんだ。ジンって。あんなの、サッカーでしか体験したことない。それを棄てられるのか。なあ、おい。棄てられるのか。

大切なことなので2回いいました。
じゃなくて、こういう悩み、誰しも持ったことがあるのではないでしょうか。
だって、好きなんだもん!
この気持ちの強さは大切だと思います。
現実問題との折り合いを超えてしまえるのは、こういう気持ちしかないでしょう!
なあ、おい。棄てれるのか。


読んでいる間、頭の中がそこらじゅう青春青春青春になっちゃいました。
多分ありがちな設定です。
でも書き手は橋本さんですから。
ぜんぜん何もイベントが起こらなくても、心が温まること請け合い。
何かが起これば、それはもう面白いことになるのでしょう。
次話が楽しみです!!
2008/11/27(Thu) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/177-95b82fd5
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。