スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
[橋本紡] 新刊情報!
紡さん記事久方すぎる。誰にかわかりませんが申し訳ない。
もっとどんどん書いていきたいんですがとりあえず時間と文章構成力が欲しいです。

◇2008年6月25日(水)発売
「きみが見つける物語」十代のための新名作 放課後編 / 角川文庫
―――橋本紡おふぃしゃるblogもどき(注:偽もの!)さん経由。

著者:浅田次郎/石田衣良/橋本紡/星新一/宮部みゆき
価格:500円
(表紙の写真がWeb KADOKAWAの商品ページにあります。)

以下Web KADOKAWAの商品ページから引用

いま旬な作家・作品を厳選した短編小説アンソロジー。食べず嫌いさんにもぜひひとくち味わってほしい、質は保証付き、短くてもとびきり味わい深い極上のアソートボックス。


何気に著者がオールスターな気がします。
普段本を読まない方でも一人ぐらいは聞いたことのある名前があるのではないでしょうか。
本日発売ですよ~。本屋へ急ぎましょう☆






◇2008年7月1日発売予定
「流れ星が消えないうちに」(文庫版) / 新潮社
―――公式ブログから。

著者:橋本紡
価格:540円
(表紙の写真が新潮社の商品ページにあります。)

新潮社の商品ページから引用

忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。そして流れ星にかけた願いを――。高校で出会った、加地君と巧君と奈緒子。けれど突然の事故が、恋人同士だった奈緒子と加地君を、永遠に引き離した。加地君の思い出を抱きしめて離さない奈緒子に、巧君はそっと手を差し伸べるが……。悲しみの果てで向かい合う心と心。せつなさあふれる、恋愛小説の新しい名作。


紡好きの中でも人気を誇るこの作品。
堂々(?)の文庫化!!
果たして加地君のルビは「かち」なのか「かじ」なのかはたまた「かぢ」なのか!?
2008/06/25(Wed) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--( ゜∀゜)フッフゥ~--

かじ

に一票。
by: (ソ・∀・)ノ ⌒ ●~* * 2008/06/25 19:14 * URL [ 編集] | page top↑
--★--

ぁ、本屋さん行くの忘れた><
そもそもルビ振られているのかも分かりませんが、気になるところですよね。
by: セラ * 2008/06/25 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://riverend.blog48.fc2.com/tb.php/102-f2d31c0c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。