2009年11月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハヤテのごとく!【第249話】 選択の時迫る。
久々のハヤテ感想。


マキナくんもでたし、バトル回も終わり、好きなだけ裸を描いた後の、超本編です。

ハヤテは最大の難問を突き付けられることになります。
ナギの今後とアテネの命。
石は一つしかないんだから、現状の条件だと二つに一つ。

伊澄さんが断定的に進めている話を信じていいという仮定です。
なんとなく一部で話が進んでいる感じで信じていいのかなぁ、という感じもあるんですけどね。
英霊のコトとか、アテネ周りだと結局このメンツで進むのは当然かとも思うのできっと思いすごし。



決断。
正確には早くて次々話ぐらいでしょうが。

そりゃぁもう読者はみんな笑って迎えられる結末が欲しいわけですが、だからといってそんなお気楽な策を伊澄さんが持ってきてしまったら完全に白けますよ。
なんだかんだでどっちを選ぶっていう葛藤と、そのうえでの終着点が気になってしょうがないし、そこが作者の力の見せどころでもあると思います。


「伊澄がもってきてくれるかもしれない新たな案」は、ハヤテがもうどうしようもなくなって、そこにすがれるもの――すがってしまいたくなるもの――として一つの葛藤の種になると思うので、そういう方向でいいスパイスになってくれればと思います。
スポンサーサイト
2009/11/19(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Meadow(GnuEmacs)でSWI-Prolog導入。つまりWindowsでProlog@Emacs
単純に大学の授業の課題をするにあたって導入したので、もしかしたら間違ってるかもですが、同じ境遇でとりあえず入れなきゃなんなくなった人とかには役に立つかもです。
僕のPCのOSはWindowsXP home editionだったはず←



■ まずはソフトとか。
▽SWI-Prolog : http://www.swi-prolog.org
左側メニューのDownloadsから
SWI-Prolog/XPCE 5.8.0 for Windows NT/2000/XP/Vista
をダウンロード→インストール
年月が経てばバージョンは変わるでしょうし、OSによっては別のでないと使えないかもですが「for ~」の部分を見たら自分がどれ要るのかはわかるかと。

ちなみにこれを入れるだけで.plのファイルをクリックすると普通にプロンプトが開くようになるので、他のエディタで編集するから別にEmacsとかいらねーよって方ははこれだけで事足ります。



ほんでEmacs
▽Meadow : http://www.meadowy.org/meadow/
Meadowがどんなものなのかってのはすいませんがよくわかりませんというか調べてません。
とりあえず使えればそれでいいって人間でして。
サイトの真ん中か右側あたりにあるボックスにメニューらしきものがあって、そこの「ダウンロード」から。
僕がダウンロードしたのは
「Meadow 2.10 (ASAGAO) -- リリース版」ってとこにあった
Netinstall packagesの「setup-ja.exe」
インストールはこちらを参考に。
>便利なツール Emacs らくらく入門 : http://books.ki.nu/rakuraku/meadow.html

Emacsが入ったら、デフォルトだとC:/Meadow/bin/Meadow.exeでEmacsが起動します。






■ で、これでPrologが動くようにするにはですね。
フォルダ位置はデフォルトってことで。
C:/Meadow/dot.emacs.ja
ってファイルがあるんで、これをエディタで開いて、どこでもいいので以下の文を追加してください。


; for SWI-Prolog
(setq auto-mode-alist
(append '(("\\.pl" . prolog-mode))
auto-mode-alist))
(setq prolog-program-name "C:/Progra~1/pl/bin/plcon")
(setq prolog-consult-string "[user].\n")


そんでもってファイル名を .emacs にして保存してください。

そうしたらさっき入れたEmacs(Meadow)を起動して
M-x run-prolog
*M-x はEsc+x
でprologが起動するはず。
「?-」とか出てなくても打ったら反応します。



これで作業は以上になります。




■ 使うに当たっての補足
Emacsでprologが起動したときに見ているフォルダ(カレントディレクトリ)はSWI-Prologのインストールフォルダです。
デフォルトなら
C:/Program Files/pl/
とかなので、この下にフォルダを作ってやるといいです。
(任意のフォルダ見るようにするやり方は知りません。わかる方は是非コメントなんかで教えてください><)

例えば
C:/Program Files/pl/plsource/test.pl
のようにファイルを作ったとすればコンパイルの時は
[swi('plsource/test')].
とすればコンパイルできます。
ちなみに一度コンパイルすれば以後はCtrl+↑で履歴が使えるので楽です。
できれば[test].でやりたいもんですがやり方が分かりません←

ほんで、コンパイルしてしまえば、後はパスとか気にせずに述語とか書けば答えてくれます。
↑で作ったtest.pl内に

plus(A,B) :- B is A+1.


と書いてあれば
plus(3,B).

B = 4
が返ってきます。


あと関係ないですがオススメとしては
Emacsのプロンプトで
C-x 3
*C-xはCtrl+x
とすれば、画面が縦に2分割されるので、片方にソースファイル、もう片方にPrologのプロンプトを出しておけば開発が楽です。





以上です。
お役にたてれば幸いです。
2009/11/08(Sun) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ここのところ雑記しか書いてないですが。
まさかひと月もブログを放置してしまっていたなんてΣ
ブログ放置も板についてきた感じですが(ほんとうにすみません)。



///

ブログを放置して何をしていたかというと。

10月に入ってから18日までは基本情報技術者(FE)の試験勉強をせっせとしておりました。
おかげさまで自己採点では午前、午後ともに70点強と、おそらく合格だと思われます。

使った参考書は↓です。
基本情報技術者スーパー合格版〈2009年版〉」/秀和システム

項目の説明、例題を使った説明、ごくたまに問題とあって実際の問題を使っているので試験の雰囲気もわかってよかったです。
説明に関しては可もなく不可もなくごく普通の説明のしかただったように感じました。
もしかしたらちょっと不足しているところもあるかもですけど。

勉強の仕方は、普通に読んで例題・問題をやってみて、その説明を読んでを繰り返して。
暗記はともかくちゃんと理解して次へ・・・ってやって、最後に1回分だけついている過去問をやって試験に臨みました。





///

10月後半はラノベとポケモンHGの日々でした。
前にも書きましたが、9月がラノベ1冊すら読めない程度の忙しさだったため積みを少しでも消化したり、バイトいったり、あとポケモンポケモンポケモン。
発売日に買ったにもかかわらずバッジを16個集めきったのは10月の終わりでした。
つい先日プレイ時間が100時間に達しました。
これからですよねー。

ついついいろんなポケモンを育てたくなってしまいポケモンたちのレベルが低いままなので、レッドなんて倒せません。
四天王2週目ですら無理ですorz
あと、D/P/Ptのポケモン達や技、特性、どうぐなんかが全く分からないのでサイトを回ってさらさら見たり。
網羅的に見ようと思えば紙媒体のほうが楽だと思うので近いうち適当な攻略本を1冊ぐらい買うとは思いますが^^;

にしても、大学生ともなるとそこらじゅうからやれ努力値だの個体値だの聞こえてきますね。
授業中に電波飛ばしてみたら誰かいたりとかね。
駄目だと思います←



///

大学の後期授業もはじまって余裕のある時間帯とかもわかってきたので、ちょろちょろ更新していきます。マジです。
ちょっとした記事というか雑感とかをどんどん書いていきたいなと。
おそらくラノベ感想を中心にですね。
他にも好きなこと、調べたことなんかで誰か同じこと考えた人に使えそうなコトを書いていければと思います。
ラノベについては読書メーターには読んだ奴には全部何かしら書くようにしてますんでもしよろしければこちらも是非(ちょ



///

あと、もう1年以上たってますが、おそらくブログに書いてなかったような気がするのでついったーID載せときます。
@selast
2009/11/07(Sat) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。