2009年05月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
スマブラXオフとかしてたらやっぱり更新できないよねという話。
うむぅ・・・。
結果は4/7ですか。
結局宣言は遂行できず。


木曜夜→金曜は、スマブラXオフ行ってきました。
土曜は体力回復に努めバイト。
今日は大学のサークルの行事で朝から働かされまして。

ようは、インプットの時間がないんで、更新しようと思ってもなぁっていう。
安定して週1か週2の更新を目指したいですね。
それプラス何か衝動的に書きたくなったらソレを書くといった感じか。

スマブラXオフに関してもっといろいろかければよかったんですが、自分の弱さに凹むばかりで。
まぁ、僕テレビ持ってないんでね、舐めんじゃねーって話でしょうが^^;


それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2009/05/24(Sun) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[橋本紡] きららにてインタビュー記事掲載☆
きらら from BOOK Shopsさん
http://www.quilala.jp/from_bs/interview.htmlの記事にて。
(最新じゃなくなったら恐らくこっちで見れるかな。)
橋本紡ファンサイトブログ様経由。毎度思うけど情報キャッチ早すぎだよ・・・w


最近の著作全般について触れてます。
「猫泥棒と木曜日のキッチン」~「流れ星が消えないうちに」~「ひかりをすくう」~「橋をめぐる」~「九つの、物語」
といった感じ。


ちょろちょろ引用。

□ 「流れ星が消えないうちに」に関して

日々の生活が人の心をだんだんと落ち着かせていくものですし、僕にとっては「日常」が一番大事なことなんです。


僕が日常の貴重さを意識できるようになった(実感...はまた違うと思うけど)のは、間違いなく橋本さんの著作に触れたからです。
なんにもないが素晴らしい、何かあればまたそれが素晴らしい、そんな日常を今後とも書いていって欲しいと思います。



□ 「ひかりをすくう」に関して

風景を文章で描くというのは、風景を見ている人の「視線」を、あるいは「目」を描くことなんです。見ている人の心の側からどう映っているのかを描くことで、読者にこの人はいまどういう感覚で生きているのかを伝える。


風景をのんびり描いている。「ひかり」からは特にそんな印象を受けましたね。
話的には何も起こらないからこそ、そういった感じが心に残ってくるのかもしれません。



□ 「九つの、物語」関連で出てきてますが、橋本さんのもつ信念みたいなもの

僕は本を読書マニアだけのものにしたくないんです。僕たち書き手が真剣になるあまり読者を切り捨ててはいけない。常にライトユーザーを増やしていかないと未来がなくなってしまいます。読書というのはエンターテインメントであるべきです。僕は本が好きで作家になりました。書店員さんにならわかってもらえると思いますが、学生時代って書店に入っただけでも嬉しくなるじゃないですか。本に対する嬉しさや楽しさを僕はいまでも持っているので、「本は面白いんだよ」と作品でも講演でも発信していきたいです。


全国の多数の学校図書館を巻き込んだ「図書館が、ここに」の企画なんかがちょっとは有名かな?
「本好きが増えて欲しい」と心から願い、そのために活動してるといった感じですか。
言葉の端々から決意のようなものが溢れていて、この人は本気で本が好きなんだなぁと(以前講演会に行った時も思いましたが、)いうことが分かりますね。

2009/05/21(Thu) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第224話】猫イラストの名刺が可愛いラブ師匠光臨の巻
連続更新途絶えましたorz
しかぁーしっ!なんとか穴は1日で済ませます!!


□ 可愛い女の子
可愛い女の子と言われて顔が戻せないヒナギクが可愛すぎる。
完全ヒナギク回ですが、前回よりも断然好きです。
そして抱き合うハヤテとヒナギクはR-18な感じでよかですよかです。



□ 愛歌さん
さすがラブ師匠っ!鬼畜過ぎます
ハヤテには金銭的に!
ヒナギクには高所恐怖症的に!!
だって、「丘の上から市街を一望できる」とかヒナ的には絶望ですよね><

それはともかく、ヒナギクが「楽しみにしてるんだから」などと照れながらも本心を言ったあたりは成長したような気がします
「別にそんなの無理しなくても」的なのとか「さっさとみんなの所に戻ろう」とか、何か抑えみたいのが働いてたと思うんで。
いいねぇうん。


□ 最後
さすがにシスターな訳ないよ…ね……?
そしてレストランではアテネも絡んできたり・・・するよね?
2009/05/20(Wed) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
[ラノベ][電撃][支倉凍砂]デレ方が高度だよ!とか思いつつやはり注目はエーブ誕生秘話『狼と香辛料11 SideColors2』
【バレアリだと思う】
連続更新がんばるんだから><


題名:狼と香辛料11 Side Colors2
作者:支倉凍砂
出版:電撃文庫
★★★☆☆


ロレンスたちがケルーベまで追うこととなった美しき女商人エーブ。貴族だった彼女が、いかにして今のような商人となったのか―。“もうひとりの狼”エーブの過去を描く、読みごたえ満点の書き下ろし中編『黒狼の揺り籠』。ホロとロレンスが立ち寄った村では、村人が諍いを起こしていた。そこでホロが思いついた驚きの解決法とは!?旅の一幕を描く短編『狼と黄金色の約束』。晴れた日、一枚の地図を見ながらホロとロレンスが思い立った寄り道と、その顛末を描く短編『狼と若草色の寄り道』。書き下ろし中編+「電撃文庫MAGAZINE」掲載の短編2本を収録した、絶好調の新感覚ファンタジー・短編集第2弾!


ラインナップは

・狼と黄金色の約束←短編
・狼と若草色の寄り道←短編
・黒狼の揺り籠←中篇@書き下ろし

となっております。



□ 狼と黄金色の約束
ホロの律儀さが可愛すぎる話。
今回は自分でなんとかできるはず、と一人頑張るロレンスと、わっちに頼ってくれんかや、と待つホロのすれ違いがよいですよいです。
そしてその解消もにやにやモンです。
まったくたわけばかっかりだぜwww



□ 狼と若草色の寄り道
ロレンスが気まぐれに寄り道した話。
優位をとるとか、上とか下とか、つい考えてしまうことってありますよね。。。
そんなのこだわらなくていいことだってたくさんありますと、そういう話?
まぁそれはそうと、、、

「わっちが好きなのはな、こんなふうに喋りながら、そのまま眠りに落ちること。他愛のない、耳にくすぐったいだけの言葉を聞きながら、の……」

ああもうくっそこのたわけどもがっっ!!
デレデレしすぎなんだよ!可愛すぎるだろうがっ!



□ 黒狼の揺り籠
本の半分以上のページを占めるお話。
とりあえず文倉さんの「フルール」かわいいよ「フルール」><

ロレンスもエーブも本編では既に一人前の商人でしたので、独り立ちする前のことはロレンスの回想でちょろちょろ語られていただけでした。
今回はエーブの話ではありますが、商人見習いの話ともとることができます。
ロレンスもこういう失敗をしてきたのかなぁとか、ね。

ミルトンとエーブのわくわくと、その先の(何かしらの憂き目に遭うだろうとは予想できるので)怖さにはらはら。
商人の世界には「これで大丈夫」が無いのだということを手痛い目にあって実感し、フルールがエーブとなる。
展開は王道でしたが、それだけに楽しめました♪



□ ほんで
文倉さんの絵がずいぶん上達したなと。(そこか
ホロもエーブも可愛さUPしまくりでよかったですw

次巻はまぁ7月・・・かな?アニメの変わり目はそこだしそれに合わせてって感じで。
待ち遠しいぜっ。
【続きを読む】
2009/05/18(Mon) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第223話】ひんぬーバレー(すいません
お久しぶりです!。。。しか言ってない気がしますが。
脅威の豚フルエンザにより来週いっぱい学校に近づいてはいけないようなので、合法的ヒキニートライフ到来です。
まぁバイトはあるんですけどね。
夏休みがどうなるかわからないのが怖いですが、休みの間だけでも毎日更新を目指したいと思います。

っと私情はおいといて、めざせ毎日更新第一号。



さて、とりあえず。
西沢さん誕生日おめでとうございました><


では、日が経ってますけど、週間連載の感想いきます。


□ 目が元に戻っている件
3,4ページぐらい読んですぐ気づきましたけど、やっぱり変える前のほうがしっくりきました。
どうしても目が潤んでいるように見えてしまっていたのでね^^;


□ 私の名前は桂ヒナギク!
なんかヒナギクプッシュがうざいみたいな話があがっているようですが(流し読みしかしてないので概要違ったら申し訳ないです。)、それはどっちでもよくて。
ギルバード--というかビーチバレー部分が冗長に感じてしまってなんだかなぁです。
そのせいでヒナギクが出すぎてしまっているように見えるんじゃないかと。

GW編なので、やっぱりどうしてもラブコメ方向の進展が欲しいんですよ。
流れ的に(というかヒナギクに持っていくためのビーチバレーだとは思いますけど)ヒナギクにスポット当てないとじゃないですか。
だからビーチバレーが長くなってしまうと、出るコマ数も増えますし、よけいそう見えてしまうんだと思うんです。
1話で2回もヒナギクのぶち抜きってなぁ・・・。

バレー部分をさくさくやって、今話の最後には次へのヒキ(次はハムとか泉とかなのかな)みたいなのを持って来てくれれば、みんなもっとわくわくしたんじゃないかな!なんて。



いじょーです。
短いですが、思ったことがこれぐらいなので^^;
連続更新がんばるんだからっ><
2009/05/17(Sun) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。