2009年01月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2008年下半期ラノサイ杯に投票します!
滑り込みで投票になってしまいましが、それでは早速いってみましょう。

□ 既存部門
流れ星が消えないうちに/ 橋本紡 [新潮文庫]
nagare.jpg

身内びいきじゃないですけど。
1冊は推しておきたいということでこちら。
新書ででたものの文庫版です。
切ない切ない。
誰かに誰かを重ねちゃうのとかもう。。。ね?←




偽物語<上> / 西尾維新 [講談社BOX]
nisemono.jpg
実は西尾維新作品はほとんど読んでない僕です。
他も面白いらしいんですが、これもとにかく面白い。
もう会話がね。会話会話会話ですよ!
アニメ化も決定しましたし、あのテンポを音で聞けるとなるととても楽しみです。
そして、ひたぎらぶ。




さよならピアノソナタ4 / 杉井光 [電撃文庫]
sayopi.jpg
4巻で綺麗に終結。
すでに各所で話題になってますね。
作者の音楽知識と、聴いたことないのに曲の雰囲気がなんとなく伝わってきてしまう描写には感服です。
その雰囲気がもたらす物語への影響は計り知れません。
普通に、泣きまくったよぅ。なんだこの切なさはとあわあわしてましたw
あと、ビートルズのblack birdの話が出たときは本気で鳥肌でした。リバーズ・エンド(確か2巻か3巻の七海の歌んとこ)で一度触れていたからだけど。




生徒会の三振 / 葵せきな [富士見ファンタジア文庫]
seitokai.jpg
なんともない生徒会の日常を書いた作品。
なのになんだろうこの面白さは。

僕としてはとりあえずキー君が好みの主人公過ぎる。
そして生徒会メンバーはみんなキャラよすぎるし。
なんだかんだキー君好きだし。
経験したことのある心地よさ・・・?かなぁ。部活後のだべりみたいなね。
それがやっぱり思い出されるのもあるかもしれない。




【08下期ラノベ投票/既存/9784101351810】
【08下期ラノベ投票/既存/9784062836791】
【08下期ラノベ投票/既存/9784048674294】
【08下期ラノベ投票/既存/9784829133132】




□ 新規部門

ベネズエラ・ビター・マイスウィート / 森田季節 [MF文庫J]
venezuelabitter.jpgprincesbitter.jpg
新規イチオシのこちら。MF文庫Jから。
イケニエビトとタマシイビトの話。
記憶モノ大好きな僕のような人にお勧め。
切なげと殺伐さのなかにふと温かみのある、まさにビタースウィートな作品です。




どろぼうの名人 / 中里十 [ガガガ文庫]
meijin.jpg
全体に流れるゆったりとした時間感覚とふわふわとした甘く幻想的な雰囲気がたまらない百合風味漂う作品。
子供視点が非常にできていて、特有の「物事のわからなさ」がなんだかリアルでよかったです。
3月にはサイドストーリーが出るみたいで、楽しみです。




いつか天魔の黒うさぎ / 鏡貴也 [富士見ファンタジア文庫]
ituten.jpg
伝勇伝の鏡貴也先生の新シリーズ。
2巻まで読んでしまうと1巻はまるまる前フリといいざるを得ません(というかあとがきでそんな感じのこと書いてはった気がする)が、もう「早く次!早く次!」とどんどん読みたくなる展開の早さ。
もう人知を超えたものがどんどんでてくる。
中心が天才兄弟の喧嘩と、ヒメアの身の振りなんだけど、ヒメアのベクトルの向きが的外れで、でもそれは半ば現実逃避というか諦観な訳で。あぁ超切ない。っていう。(←わかるか!)




俺の妹がこんなに可愛いわけがない / 伏見つかさ [電撃文庫]
oreimo1.jpgoreimo2.jpg
もはや説明の必要がないと思われるこの作品。
有名ニュースサイトさんの登場とともにとても話題になりました。
ヲタバレ系ツンデレ妹小説ってことでいいですかね。






ばけらの! / 杉井光 [GA文庫]
bakerano.jpg
さよピを既存に入れてるんで、入れるかちょっと悩んでしまったんですがこれは入れざるをえないということで投入。
実在の各作家さんを化物作家として登場させ、主に実話を基にした内輪といえば内輪ネタ作品?
ただ、それぞれの作家さんを知っていてもいなくても普通に楽しめてしまうのがこの作品のいいところだと思います。
イヅナっちかわいいよイヅナっち。




【08下期ラノベ投票/新規/9784840124225】
【08下期ラノベ投票/新規/9784094510973】
【08下期ラノベ投票/新規/9784829133477】
【08下期ラノベ投票/新規/9784048671804】
【08下期ラノベ投票/新規/9784797350616】



□ 悩んだ作品とか
橋本紡先生を応援しているので、既存に文庫版「泥棒猫と木曜日のキッチン」、新規に「橋をめぐる」なんかも入れていこうかとも思ったのですが、ラノベという観点から見てやめました。ただ、1作品も投票しないのも嫌なので、「流れ星」を推すという形をとりました。

「とらドラ!」はきっと2009年上半期に入れることになると思うので今回はスルー。
既存の枠が一つ余ってますが仕様です。「バカテス」入れるか悩んだんですが、僕個人としては「生徒会」と「バカテス」が並ぶことに違和感があったので、抜きまして。
代わりに「シャナ」とか入れようかとも思ったんですが、こいつも「とらドラ!」同様こっから超盛り上がるはずと踏んでスルーです。

あと、新規のほうで、ラノベ部とばけらの!で悩みました。
結局サイコロの半丁で決めたんですけどw


さて、途中結果とかは見ない質なんで、結果発表がすげー楽しみです☆
初投票なので不備とかないかすごい不安なんですけど、これでTB送ったらいけるはずだ・・・!
スポンサーサイト
2009/01/31(Sat) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第209話】いわゆるハルさん編
試験の時期なんですよ!(だからどうした


前回でラスベガス編も終了しましたね。
結局のところ、美琴さんの人と成りが描きたかったってことなんじゃないかと思いました。



///


 そして舞台は戻ってお屋敷へ。
ここ最近お屋敷編をわざわざ経由しているのは、海外行かない組がGW中何してるのかを描くためだったりしてとか思ってます。


 「GWの予定立てよう」って話の時点でみんなコマに出して「俺はこうしてる」を全員に言わせたら一発で片付いて早かったと思うんだけど、それはあれだよ、畑先生がGW編の話の進め方についてじっくり練る時間も必要で、安易にGW本編を始めるに始められなかったんだよという想像

実際DVDとかCD関連で忙しかったってのもあるだろうしさ!



 今週はデフォナギの表情がいちいち可愛くて見入った。
あと、台詞なしがなかなかイケるんじゃないかと思った。
GW編終わったら丸々1話台詞なしのサイレントやったらいいんじゃないかな!(ちょ

メイト内部にはネタがたくさんですね。
僕に分かるだけでもキラッ☆なナギ様とかとらドラ!とか、あとシャア?かなぁ。
にしてもハルナギの絡みもなかなかのもの。俺妹でいう桐乃と黒猫みたいな感じでいいよね(?


 そしてBSにあったように来週からは完全ラブコメなシリーズつまり、GW本編(この表現はどうなんだ)が始まるということですよね。
期待期待♪


///
以下トラックバック先様(随時追加更新/順番てきとー)


そして僕たちは西へ向かった
>ほんと来週からが楽しみです。

ヒナギク様に恋してるっ!!
>人気投票の存在を完全に失念してましたorz

清く流るる泉の如く
>三宮のメイト~とら のあたりの雰囲気はなんとも言えません><

サクラ咲く夜に
>超新塾が好きです。

360度の方針転換
>ヲタ方面の神出鬼没設定ですか、ハルさんにはコトあるごとに出てきていただきたいです。

神無空間2
>慣れって怖いですよねー。

この世のすべてをナギ倒せ!
>ナギの表情変化が殺人的でしたね。かわゆすかわゆす><

太陽6000度で焼いた餅
>巡音とかともだちとか気づきませんでしたぁ・・・

明日はきっと。
>やっぱりあれは絶望先生ネタだったんですね。
2009/01/28(Wed) | ハヤテのごとく! | トラックバック(4) | コメント(0) | page top↑
2009年1月期、ちょっと遅めの新アニメ11本簡易レビュー、というか雑感と感想
2008年10月期から継続は4本(ToA、とらドラ、蔵等、とある)見てます。
前期は「今日の5の2」が完全に原作を越えていたと思う。
おもしろかった。チカかわいいよチカ。
黒執事のアクションシーンには本当にがっかりしたぜ。


今期新しいのは11本ほど「とりあえず見てみよう」ということで見てまして。
だいたい3話ぐらいまで見ております。




で、ラインナップはこちら♪
ほとんど原作とかを知らないものばっかり見ているという感じで。
(原作:原作を既読orクリア済かどうか / 前期:前期があった場合に見ていたかどうか)

WhiteAlbum(原作×)
鋼殻のレギオス(原作×)
RIDE BACK(原作△)
VIPER'S CREED
空を見上げる少女の瞳に映る世界(前期×)
宇宙をかける少女
まりあ†ほりっく(原作×)
明日のよいち!(原作×)
みなみけ~おかえり~(前期△、前々期△、原作△)
アキカン!(原作×)
はじめの一歩(原作×)

まとめ

それぞれの項目でページ内リンクしております。


□ White Album
動かないOPのホワルバ。確か3話まで見ました。
時代設定が少し前で、またそこが自分的には好み。
ゆったりと、でも堅実に、物語が進んでいっている印象。
明確なゴール見たいのが示されてないので、どの方向へ向かうのかよーわかりませんけど、なぜか毎回次回がすごく気になるんですよね。


□ 鋼殻のレギオス
なんで原作読んでないんでしょうね僕は!←
フルメタも伝勇伝(実は途中まで)も読んでいるというのにw
これは確か2話までだったかなぁ。
生徒会長のジェイド(違)が合いすぎだと一人興奮しておりました。
「僕実はめっちゃ強いよ」な主人公、僕は好きです。
17小隊のメンバーも個性的で続きが気になります。
原作読もう、うん。いつになるか分からないけど。


□ RIDE BACK
漫画のほう1巻だけ読んでます。アニメは2話見たはず。
アニメでは違う方向性ってことでどうなるのか見てみれば、いわゆる戦争方向の成分が綺麗に削られてるって印象ですかね。
それでいて原作に忠実(シーンとか、台詞とか)なのがにくいですね。
ライドバック自体もカッコイイし、もっと跳んでくれリンちゃんw


□ VIPER'S CREED
RIDE BACKとは打って変わって戦闘系。3話まで見たのかな確か。
今のところ「何のために戦うのか」が描かれているような印象。
「傭兵」のイメージかなぁ。とりあえずサイキかっこよす><


□ 空を見上げる少女の瞳に映る世界
MUNTOは全く見てないので初です。というかそういうシリーズがあったこともコレで知ったんですが^^;
1話見た分だとおぼろげに世界観とゴール地点が分かっただけな感じ。
雰囲気というか、空気がいい感じ。ユメミもかわいいし。
もう少し見てみようと思います。


□ 宇宙をかける少女
3話まで見たー。
ゴールデンオーブをセットしたら、みなぎってきて、発射するんですね分かります。
あの人工知能くんがしゃべる度にルルーシュ何してんの?とか思ってしまっていちいちウケる。ギアス見てからの病気っす。
3話で急速に自分の中でランクが上がってきました。いつきくんwww
期待期待。


□ まりあ†ほりっく

まりあほ。主人公が百合とは、、、最高ですね!
シャフトいい仕事してますねぇ。
「センス!」って感じが(伝われ~w)しますよね。しません?
各話内のペースもよくて見ていて心地いい。


□ 明日のよいち!
あやめかわいいよあやめ!
いぶき殿みたいなのも大好き。だからはるか姉様も好き。
ごく普通に面白いっていう感じですかね、飽きるまでは見ようかと。


□ みなみけ~おかえり~
1期も2期も1話目で切っているというみなみけ。
はるか姉様大好きだー。
面白いは面白いんだけど、けだるい感が抜けない。
見続けるかは微妙。


□ アキカン!
ラノベの中でも避ける傾向にある分野の作品なんですけどね、アニメなら見るって感じかも。
これもまたルルーシュ何してんの的な面白さを脳内生成しながら見ております。
なじみかわいいなー。


□ はじめの一歩
単行本多すぎて読む気にならないのでアニメ見てみようという試み。
2話まで見て、可もなく不可もなくみたいな印象持ってます。
今の試合が終わるまでは見てそこからどうしようかなぁって状態。
おとなしく漫画誰かに借りてみようかなぁとも思ってます。



□ まとめ
ランク分けするとすれば、各行は同ランク&上ほど面白い、とすればこんな感じ。

RIDE BACK / レギオス / まりあほ
VIPER'S CREED / ホワルバ / そらかけ
MUNTO / よいち
みなみけ / アキカン
一歩

ですかね。それぞれもう1,2話見て見る奴は見る、見ない奴は見ないってしないとアニメだけで時間を消費しすぎるんで、決めていこうと思います。
とりあえず上から2ランクまでは視聴確定だと思います。まりあほ飽きる可能性捨て切れないけど(過去に絶望先生を2話で切っています)。
 前期が原作知ってる奴ばっかだったんですけど、今期はほぼ全く原作を知らないのでどの作品にもわくわくです。毎回続きが楽しみだぜー><
まとめになってませんけど、今期僕が推すのは上の上位ランクってことでひとつ。
それでわ。



///

⊿ 2008年10月期アニメ11本アニメ簡易レビュー
2009/01/21(Wed) | アニメ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
[ラノベ][電撃][水鏡希人]これはいい兄妹だこと!「静野さんとこの蒼緋」
【バレありですー】

平和の温故知新さんの2008年下半期のラノサイ杯、やったはりますねー。
今までちょっと遠慮しちゃってたんですが、今回は参加するつもりです。
自分は何に投票しようかなぁとか考えつつ、感想をば。



.

題名:静野さんとこの蒼緋(ふたご)
作者:水鏡希人
出版:電撃文庫


突如やってきた少女は、とっても凶暴な――双子の妹!!?

「お前に紹介したい人がいる」
 ――そう父に言われ、蒼介が引き会わされたのは、可愛くも凶暴なひとりの少女だった……というか、今まで存在すら知らなかった双子の妹・緋美子だった!!?
 押しかけ的に同居することになった緋美子に終始やられっぱなしの蒼介。家だけでなく同じ学校に通うことにもなってしまっていよいよ息つく場所もなくなり……。そうまで蒼介をやり込める緋美子の真意とは? そして双子ともども巻き込まれてしまった、学校で起こる妙な事件の真相とは!?
 口も達者、腕っぷしも強くて、でもとってもかわいい双子の妹の登場から始まる、ドタバタ学園コメディ登場!!




俺妹といい、最近なんだか妹大好きだな。
正確に言えば、ツンデレ妹大好きっ!ってか。

表紙の絵がホントによくできてる。読んだ人なら分かると思う。
読んでから改めて表紙を見て、ちょっと鳥肌たった。僕だけかなぁ。


ミステリなのかなーと思って読んでいたら、結局異能かよ、とか思ってしまってすいません。
魔法使い設定で全部つじつま合ったので文句なんてありません
というより、そんな設定よりも兄妹の心の動き方というか、緋美子が蒼介を、蒼介が緋美子をお互いに理解していく過程が丁寧でよかったと思います。


ラスト手前(保健室)で視点が高原さんに移っちゃったのが少し違和感なんだけど、それがなかったらまた悪霊が取り付いたときの記憶が無いって設定が微妙になるしなぁとか。
とりとめのないことも思ったりしていますが、科学部、新聞部もまだまだ掘り込める部分もあって魅力にあふれているし、緋美子はやっぱりかわいいしで、どんどん続いて欲しい作品です!




2009/01/16(Fri) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第207話】ハヤテはマメな子。
NASAの技術に若干疑いの目を浮かべながら。
まぁベガス組は放っておくとして!←


やはりヒナハム最高だと叫びたい。
メールの悪戯を必死で止める二人が本当にかわいい。
けっこう泉自身も驚いてるなーとかちょっと思った。


ハヤテのメールもかわいいですね。
あの長さといい、下手すれば軽く引いちゃうレベルですが、誠実さがひしひしと伝わってくるあたり、さすがの天然ジゴロっぷりです。


歩ちゃんの「悩んで寝ちゃうよ」って印象はあってると思う。
2009/01/16(Fri) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第206話】にゃあああは泉だけでいいと思う。
2008年まとめ記事と平行して書いていたりします。
すっかり時期外れなんで軽めにはなりますが自らの区切りとして書ききろうかと。


脈絡無く本編へ。

□ ご希望は
いかにも敵かのように現れたワタル母こと美琴さんですが、サキの回想通り傍から見れば母と子が一緒に暮らすというのは自然に見えます。
ましてワタルはその母を嫌っている訳でもないときたら、悩むでしょう。
実際にギャンブル勝負をするのはサキ自身なのだから、ワタルがどうしたいかわからなければ自分がどうしていいかもわかりません。

結局本人に聞くしかないわけですが。
ついでとばかりにワタルの秘密を暴露するサキかわゆす。
この二人のやり取りはホントほんわかする。



□ NASAの新技術
さすがです。
おっぱいが絶賛成長中の咲夜に着せたのもいいと思います!
さぁ、どんどん破れろ。
でも、「にゃあああ」にちょっと違和感。なんでだろ。
いいんちょだと割と自然に聞こえたんだけどな。キャライメージの違いですよね(?



□ 橘美琴
このひとがゆっきゅんの後ろをちょこちょこしていた姿なんて想像できないぜ。
でもゆっきゅんが他界してからやさぐれた?というかなんかいろいろ吹っ切れたんでしょうかね。
ギャンブルには鬼のように強いという。
まぁ初手でロイヤルストレートフラッシュ(あってるよね?)ですもんね。
そのギャンブルを教えたのは帝らしいですけど、じゃぁ帝も強い?それともルールとか教えただけかな。

そんな彼女にサキさんは勝てるのでしょうか!
是非、ギリギリから逆転して欲しいですね、咲夜的な意味で。
純粋に最後まで勝負する展開にはならなそうだと何となく感じていますが。

2009/01/08(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
明けましておめでとうございます。
えーと、明けてしまいました。
2009年ですね!


今年も僕ことセラと、ここ「はるばーもんど」を何卒よろしくおねがいします。
m(_ _)m





冬コミ参加された方、お疲れ様でした。
僕は3日目のみの参加でした。
初陣だったのですがほどほどに楽しめました。失敗もありましたが……



そして現在、連日の夜行バス睡眠の疲れによってか、風邪ひきさんです。頭と喉がいたいっす。

軽いまとめ的なものを書こうかと思ってたんですが、今は何にも考えられないので、時期は外しますが正月明けぐらいには書こうと思います。




それではひとまず、よいお正月を♪
2009/01/01(Thu) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。