2008年07月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハヤテのごとく!【第184話】訪れることの無い未来
金曜に!とか言ってたバカですごめんなさい。
もう月曜とかorz
早売りしてるところなんかではもう34号が出てるんじゃないかしら^^;


ということで簡易簡易。

・アーたんの幸せ
アテネが時々さびしそうな顔をすることをハヤテは見ていたと言う。
何でもあって不自由しない城での生活でも幸せにはなれていない。
やっぱり親とか友達とか、そういうのかなぁ。
こればっかりは城では得られないし。


・強くなれば人は変えられる
ロリ泉を助けた件ですっかり自信を持ったハヤテ。
自分が変わったんだから、親だって変えられるハズ!
そしてアーたんと共に城を出るんだとハヤテは決意する。

・天王州家のご令嬢が未だ行方不明な件
外の世界の新聞記事がチラッとありましたよね。
やっぱりお嬢様だったわけですが、「いまだ」と見出しが付いているあたり相当前から王族の庭城にいるのでしょうね。


・合わない指輪の交換
外の世界では、ハヤテは何も力を持たない小さな子供。
アテネはご令嬢なので多少力があるとしても、このころのハヤテに甲斐性を求めるのは無理があります。
それでもハヤテは自分なりに頑張ってアテネに指輪をプレゼントする。大人の女性用の指輪を。
アテネもハヤテの努力は認めただろう。
でも、そもそもアテネは外に出られない(よね?)。
おそらくそれを気取られず、ハヤテに外へ行くことを諦めて欲しかったのでしょう、アテネからも大人の男性用の指輪を渡す。
準備がいいのは鏡で見てたからでいいよね。
「二人がこれをはめられるようになったら出よう」って意味だったんじゃないかなぁとか妄想してみる。
外暮らしOKと受け取ったハヤテはそそくさと親の元へ。

・見送るアテネの顔
外暮らしの報告を親にしにいったハヤテを見送るアテネ。
ものすごい微妙な表情。
哀れみと哀しみが混ざった感じ。漢字を被せてるのは仕様です。
ぁぁ切ないっ><


次はもう明後日にはでますけど、過去編クライマックスですよね。期待期待♪

なんですが、今週が5つ、来週が7つ、再来週が1つと、単位のかかったテストがあるので、どうしようもなく書きたいという衝動に駆られない限りは更新が止まると思います。
ぃぁ、最近止まり気味ですけどね。
それでは。
スポンサーサイト
2008/07/21(Mon) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ちょっとだけ。
ここ2週。音沙汰無くて申し訳ないっす。
生きております。

何故だかわかりませんが、いえ、恐らくバイトとテストのせいですが。
2週連続で水曜~週末の間無駄にリア充化していて、ろくにパソコンも付けれない感じで。
気づけば週始めで、今更なぁ…とか思っていたらこんなことになってしまい。
ハヤテの16巻もまだ買ってないというね。

大学の講義中に更新したくてたまりません。
今週は水木バイトなので、金曜に更新したいと思います。なんとか!
誰も期待してないとかそういうのはいいから。
書きたいから書くんです以上。
先週はシャーリー!!!!!って書きたかったなぁ。
あとキラッ☆とか。これはもうちょい前でしたっけ^^;


///

ハヤテを勝手に振り返ってみる。

182話、終わりへの予兆
・やっぱりアテネは出れないんですね
・アテネの信頼

183話、力への意思
・ロリいいんちょが可愛すぎる件。
・とか書きつつアーたんも可愛い件。
・甲斐性の辺りがやっと繋がったし、残すは決別ですよね。切ねぇ。

当然他のブログさんも回れていないのですが、こんな感じでしょうか。


///

今期アニメは乃木坂とひだまり2期(であってますか)とゼロ魔3期で。

乃木坂は原作1巻で切ってしまったというか続巻でてたの読み忘れてあららららな感じだったんですが、読み直そうかなぁなんて。
ゼロ魔は1,2期観てないですけど、きっと大丈夫ですよね←


///

後、「テイルズオブシンフォニア―ラタトスクの騎士」買いました。
先週の月曜に買って、月と火で7時間ぐらいしかできてないよorz
それでですね、ヒロインがくぎゅなんですけど(ん?)、シャナを3割5分、ナギを6割5分ぐらいで混ぜた感じで非常によいですが、罵ってはくれないのでL型の方はまぁアレかもですね。
2008/07/15(Tue) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。