2007年10月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハヤテのごとく!【第149話】無論迷子。零時になっても回復しません。
休みがない……


お決まりの展開以外何も起こっていないのでさらっと。
今更ですが。


あと、アーたんはとりあえずクラスメイトじゃないってことですよね。それか転入予定。
ハイキング行く時点でハヤテなら一発で気づくはず…

それとも、まだ覆面とった全員とは対面していないのかな?


とりあえず班員を分析しようとしてみる。



◇雪路
・花菱さん
・理沙ちん


◇いいんちょ
・ハヤテ
・ナギ
・東宮
・虎鉄


◇千桜さん
・伊澄
・ワタル
・愛歌さん


・ヒナギク



こんな感じじゃないかなぁ。
◇印は班長みたいな感じで、雪路に報告に来てるし。
ヒナギクはどこからともなく現れたとしか…

ということで。
今週というか先週は終わり。
巨大ねずみが現れて終了(もしかして熊?
スポンサーサイト
2007/10/31(Wed) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第148話】 もうサンデー出るじゃないか・・・
13巻発売しました!
何かしら記事は書くつもりですがそのまま流れそうだorz


///


どうにも言いようのない今週のお話。
遅くなりましたが。

148-1.jpg



クラス名簿は、男多いなーっていう認識です。
畑先生、ちゃんと描き分けてくださいよ?(失礼

で、東宮君とかどうでもいいんですけど。
クラスのみんなが覆面って…ど、どゆこと??
1話につき1人ずつ覆面が取れていく……はないとして、今週はパロがしたかっただけなのかな?って感じしかしないんですけれど。
この先が若干不安になったんですけど。
大丈夫ですよね?ちょっとgdってるだけですよね?

と、そんな印象を受けました。


///


びっくりしたのはバックステージのこれ。
引用
…へぇー。
3年間は壮大な前置きですか!?
まだプロローグですか!?

いやそんなことはないと思うんですけどね。

とりあえず、クラスメンバー早く明らかにしてくださいっ!
【続きを読む】
2007/10/24(Wed) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[橋本紡][別冊文藝春秋] 清洲橋 : あれ?ここって、こんなんだったっけ
読みましたー。

橋本さんの記事書かなさすぎで、タイトル下自重とか思われてるでしょうけども。
まぁ、書きますよ!


連載は追ってなかったんですが、近所の本屋に出てる限りは読んでいこうと思います。
ただ、連載は軽くというか、立ち読みして、雑感って感じになりますけどね。
思ったことだけをつらつらと書く感じで。


///

昔仲良くしてた人が偉くなってきてて言葉遣いとか気まずいとか。
僕も違う学校行った人とかね、すごい気まずい人とかいるしw

地元が変わっていくことのちょっとした喪失感とか、でも懐かしいなぁとか。
そういう感じ。

昔は大きいと思ったものが今見ると小さく感じるとか。


僕の家、ベッドタウンにあるんですが、最近やたら高いマンションが建ってきて、同じように花火が見えなかったりとか。
音だけ聞こえたりして、ものすごい共感します。

日常を本当によく見てる人ですよね、橋本さんって。
みんなどっか共感すると思います。
ラノベ時代からありましたけど、ラノベから離れて特にそういう方面が強調されてきているような気がします。

///


あとは、どっかで見たような表現が混ざっててニヤリですね、ほんとに。

「人に見られたよ」
「かまうもんか」


は反応必須ですよ☆

自分はよく覚えていることも、相手にとってはどうってことないことで忘れてたりとか。
懐かしい、あったかい気分になりました。



トラックバック送らせていただきました♪(敬称略)

橋本紡ファンサイトブログ





【続きを読む】
2007/10/14(Sun) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
病欠。
畑先生30周年おめでとうございました。


先週体崩してたんですが、今週さらに崩れました。
頭痛が激しかったんで今週はお休み。

きよさんの所のらじおだけ聴いて寝ます。
2007/10/14(Sun) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第145話】+【第146話】みんなで見る空。
すみません。
ちょっと季節の変わりめで体調を崩しておりました。
クライマックスの感想を書かない訳にもいけきませんから、今更といわれようが書きたいことを書きますよ☆

第145+146話ということで。
まぁ、バックステージ(vol.150)でも一話として読んでくれみたいな感じでしたので1記事で書いてしまいましょう。
というかバックステージvol.151の奴第147話になってますね。

*

まずは前半(145話)。

145-1.jpg
ほんとの家族というものを身近で見てちょっぴり寂しくなったナギ。
こういうときは独りになりたくなるもんです。


ハムヒナは後半へ回すとして。


外へ出てハヤテと咲夜。
ハヤテの家族についての話。
もしハヤテの両親が心を入れかえて戻ってきたらどうするのか。

ハヤテの答えは「あり得ない。」
そして、「二度目はない。」

が、兄の行方は捜したい。という言葉。

二度目はないってことは、一度目があったと解釈していいんですよね。
んで実は、一度目は兄が売られたとか。

その兄という言葉に釣られてか。
最近ハヤテの呼び方に困っていた、そしてお兄ちゃんってのに憧れる咲夜さん。
145-2.jpg
ハヤテお兄ちゃんって…呼ぶのはどうやろ?

ちょっとそれはww



結局呼び方は確定しないままハヤテはナギのところへ。
家族に思いを馳せるナギ。
やっぱり寂しくなることはあるものです。
家族のようでも、本物というわけではない。
いつまでもというわけにも行かないということも彼女なりに解っているんです。

姫神もあっさりいなくなり。
そのうちマリアさんも離れていってしまうかもしれません。

そんな彼女の背中に、ハヤテは何か言いたかった。
何か言いたかったのになぁー
145-3.jpg
っとまぁこれがハヤテクオリティ。

咲夜さんも来た所で後半(146話)へ。


**

まずは
146-1.jpg
寂しいときは何も言わず、抱きしてめてもらうだけで心が温まります。
おかあさーん・゚・(つД`)・゚・


そしてヒナハムパート。
引っ張って引っ張ってこのタイミング。

最初はなんだか心に引っかかっていました。
それがいつからだったんだろう。
自覚したのは誕生日の夜。

私はハヤテ君の事がスキ。
146-2.jpg

裏切ることになって申し訳ない。
そんなヒナギクさん。

対する歩さん。
146-3.jpg
え?それだけ?

自分以外の人がハヤテのことを好きになるぐらい、どうってことない。
最初に告白したときは、もう次はないと思っていた。
でも下田で、気が付いた。
別に会いたいと思えば、いつでも会えるということに。
死別したわけでもなし。
喧嘩しているわけでもなし。
今はバイト先だって一緒。
だから、

自分以外の人がハヤテのことを好きになるぐらい、どうってことない。

146-4.jpg
そのうち私が、口説き落としてみせちゃおっかなって♥

これが歩さんの構え。
対するヒナギクさんの構えは。
146-5.jpg
自分からスキとか言うなんて…なんか負けた気がして悔しいじゃない。

と、さすが過ぎる><


ここで見開きの花火(上手く撮れなかたorz)


同じ空を見ている。

ここで千桜&愛歌さん。
愛歌さん病弱設定が紙面に現れる。

お金ではどうにもならない事も…とても多いわ…

というセリフとか。
ゆっきゅん(紫子さん)に似てるんで、遺伝的な何かかな?
あと石も気になるところ。


見上げる場所は…
お互いそれぞれ違うけど…

今は…同じ空を見ている。

今は…


やたらと強調される「今は」は今後何かしらというか。
同じ空を見ることが出来ない事態が起こるんでしょう。
最終話に向かってのことか、途中で何かあるのか、わかりませんが。


あとはこれ期待。
146-6.jpg


これは姫神くん。
そろそろ登場ですかね?




トラックバック送らせていただきました♪(敬称略)

ぷらずまだっしゅ!
ヒナギク様を見てるっ!?
360度の方向転換
明日はきっと。
ライク・アライブ
【続きを読む】
2007/10/09(Tue) | ハヤテのごとく! | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。