2007年01月のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
空色ヒッチハイカー
ぇっと。また橋本紡先生の作品です。間が開いてすみません(?





題名:空色ヒッチハイカー
作者:橋本紡
出版:新潮社


橋本先生らしい。読み終わった後に心が温かくなる作品。
何か特別なことが起こるでもなく車が進んでいくわけですが。
なんでもないことを書くからこそ味が出るのがこの人の特徴ですよね☆
なんでもない青春小説って奴ですが、読んでみることをお勧めします。

まずはプロローグから引用


 これは、僕の旅の物語だ。
 僕と杏子ちゃんと、そしてお兄ちゃんを巡る物語だ。
 最初に断っておくけど、たいしたことは起きない。誰かが恨みを抱いて誰かを殺したり、派手に銃をぶっ放したり、宇宙人が殺人光線を撒き散らしながらやってきたり、戦争やクーデターが起きたりなんてことはまったくない。ひとりの男の子と、ひとりの女の子が、ただ車に乗って走り続けるだけの話だ。つけ加えることは何もない。
 もちろん、、僕にとっては、特別の物語だ。
 いや……訂正した方がいいかな……。
 僕にとっては、すごくすごく特別で大切な物語だ。


どっかで読んだな。って人は半分の月の読者なはず☆
1巻のプロローグによく似た表現があります。これを読んだ時点で期待に胸膨らみました♪
以下ネタバレを大量に含んだ感想(?)です。
妙に長くなってしまったんですが、良ければ読んでくださいm(_ _)m
スポンサーサイト
【続きを読む】
2007/01/30(Tue) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【112話】 伊豆旅行編すたーと。
ハヤテ感想記事一号です。
丁度新章に突入したのでキリが良いです。

今週のサンデーはハヤテを前面に押し出した感じで。
読み切りの「クナイ伝」の影が薄くなっちゃってますね。

それはともかく。

執事検定2007は通常読者には全問正解は難しいですね。
答え探せばいいんですけど。
[Q29][Q30]あたりが難題ですね。
[Q11]については実年齢はとかだと答え出ないんですけどね。

そんでもって、

アニメ化の影響でかっ!
巻頭カラーですよ!
マリアさん私服ですよ!
みんながドレスですよ!

今週のベストは
112

このコマですね。マリアさんかわいー

今回からは複数話かけての伊豆旅行。
電車については語れないのでスルー。
ハヤテの虎鉄に対する態度がひどい。

それはそうとして。
どうやらハヤテ、ナギ、マリアさん、伊澄、ヒナギク、西沢さんの五人が伊豆に集結するようですね。
ナギとヒナギクが巨乳になったらどうなるんだろ。見てみたい気がしないでもない。
それでハヤテ男一人だし。ず、ずるい!
だって温泉ですよ!?
伊澄と西沢さんはまだ裸出てないはずだ。期待期待。
妄想はひとまずストップして。


いつのまにか、駅弁を買おうと途中の駅(本来止まらないそうです。>tanabeebanetの日記さんより)に降りたナギ。

そして
112
ちゃんと切符を持っているナギ。えらいです。

が、
112

名胃駅という架空の駅に取り残されたナギ。ど、どうなるんだ!
次の電車に乗るとか、できんのかな(ぁ
やっぱりSPの皆さんは必要だったですよ。まったく先が予想できませーん。

今回は、マリアさんいわくちょっと特別な旅行らしいので次号からが楽しみです。



トラックバック。
送らせていただきました。
コメント欄に書くと宣伝カキコみたいになって申し訳ないのでここで。

管理者各位殿様。
はじめまして、セラといいます。
今回TBを送信させていただきました。
不都合とかあったらメールで教えて下さい。
何分新米なので送れているのかすら不安ですがよろしくお願いいたします。

tanabeebanetの日記
ぷらずまだっしゅ!
ヒナギク様を見てるっ!?
360度の方向転換



ハヤテ感想一つ目はこんな感じで、毎週やっていくつもりです。
ラノベの方はいくつか読んだのがあるので土日に挙げるつもりです。
考察とかまでできればいいんですが、知識量とか他ブログの管理者さんには敵いっこないので恥を晒さないために書かない感じで。


実はランキングに登録しております。
クリックしていただけるとなんとランクが上がるそうです。
よかったらお願いします。
FC2 Blog Ranking
2007/01/25(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(3) | コメント(2) | page top↑
花冠
一つ目の感想記事はやはり橋本先生から、ということで。
半月――山本ケイジ画集 より、書き下ろし短編小説「花冠」です。





題名:半月-HANGETSU- 山本ケイジ画集
作者:山本ケイジ
出版:メディアワークス


画集として。


画集なのでまずは絵について。
ほとんどが「半分の月がのぼる空」関連で掲載済みのものです。
アニメDVD,ドラマCD等もありました。
他作品のものも少しばかり。
といった内容です。

数えてみたんですが、書下ろしは表紙や未掲載4コマ漫画を含めて5点ありました♪
書き下ろし絵はどれも最高でした^^
今の時代ないちちが受けるんだ!何度見ても里香かわいいよ里香
なんだかんだでデフォルメいいよー。

TETORAとかVisual Weaponとかはよくわからなかったですけど^^;


花冠


こちらが本題です(何

設定的には本編終了後3,4年後かそこら。
ちなみに裕一も里香も直接的には喋らない、実は出てきてすらないかもしれない、なんてね。

読み始めは「いきなりなんだ?」って感じでした。
半月と無関係かと思っちまいました^^;
読み切って感じたのは、温かさみたいなものですね。
8巻以降二人はどうなったんだろう、ってのが映し出されてます。
二人はやっぱり仲が良くて、子供なんかもできていて、出てきませんでしたが実は名前は裕香とか(ベタだ)、それはないか。

女の子が走ると。男がいきなりなにか言った。遠いのではっきり聞こえなかったけど、走るなとかそんな感じだ。いわれた女の子のほうは不機嫌に顔をしかめているものの、本気で怒ってるわけじゃない。

この辺とか超温けー(〃▽〃)

自分的には

「紘子先輩も負けないぐらい美人ですよ。」
~「俺にとっては絶対にそうです。」

のくだんも大好きです。

そんな感じで、久々に半分の月の世界に触れられたので懐かしい感じもしました。
半分の月好きな人にはお勧め。



っと、こんな感じでやっていきたいと思います。
短編なんであんまり「記事」って感じになりませんでしたが、数書いていくうちに何とかなるかなぁと思っております。

そんな私ですが、よろしくお願いします。


実はランキングに登録しております。
クリックしていただけるとなんとランクが上がるそうです。
よかったらお願いします。
FC2 Blog Ranking
2007/01/21(Sun) | 橋本紡 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
管理人について。
案内のほうに書いたとおり、私の名前はセラです。
由来はないです。響きだけです。

基本的に、ツンデレ好きー。切ないもの好きー。やたら細い子好きー。な感じです。
まぁ何でも可愛かったら好きになってますね。
男の中では特に、「だるい、めんどい」言ってるのに強い人(ライナ/伝勇伝//シカマル/NARUTO など)が好きですね。

お勧め本・マンガ等あればどしどし教えて下さい。

橋本紡先生の本はリバーズ・エンドが最初で、そこからいきなり嵌ってます。
ので、過去作になりますが、橋本先生の本はそのうち再読すると思うので、そのときの感想はエントリすると思います。ぃゃ、書きます。

更新頻度の方ですが、リアルの生活との兼ね合いで、平日1回・休日1回以上 を目標にがんばります。
可能なときに可能なだけ更新するのでまばらになりますが、どうぞよろしくお願いします。
2007/01/08(Mon) | 雑記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく! index
各記事リンクです。

▽ページ内index
各話感想(単行本区切り)→未掲載 / 17巻 / 16巻 / 15巻 / 14巻 / 13巻 / 12巻 / 11巻
単行本感想 / アニメ感想 / ネトラジ感想 / その他記事


単行本未掲載分


第201話「なんだかんだ言っても人間は愛するよりも愛されたいのだ!」
第200話「重力に魂は引かれても成田から人は飛べる」
第197話「朝早く起きるとちょっと自分が
エラくなったような気がする…という気のせい」

┗[関連]卵とトマトの炒めものを作ってみた。
第193話「ああ…それにしても金が欲しいって帝愛の会長も言ってたしね」
第192話「スキのある女の子がスキというダジャレを言うのはダレジャ」
第191話「デートは楽しい。ていうか女の子と一緒なら基本的に楽しい」
第190話「イチャイチャしているカップルがデートとかするともれなくちょっと腹痛になるという病気が発生すればいいのに…」
第187話「THE END OF THE WORLD⑩ いつか、雨があがったら」
第186話「THE END OF THE WORLD⑨ もう届かない声で」

第17巻掲載


第184話「THE END OF THE WORLD⑦ 左手に愛を誓い」
第181話「THE END OF THE WORLD④ 世界に届く声で」
第180話「THE END OF THE WORLD③ 天照の箱庭」
第179話「THE END OF THE WORLD② 神さまが棲むという城」
第178話「THE END OF THE WORLD① 君が望んだ三千世界」
第177話「それは、光で時を切り取る機械」
第176話「仮面の下の涙も汗も、ヒーローだから見せられない」
第175話「人生に必要な人とはだいたい出会うようにできている」
第174話「法律でダメって言われても、観たい気持ちは消えない」

第16巻掲載


第173話「とりあえず話し合いは肉体言語でやってみる」
第172話「予定は未定」
第169話「見ても、そっとしておく事が大事です」
第168話「疲れてる時は、寝てがんばれ」

第15巻掲載


第153話「遠き山に日は落ちて谷にも落ちて」
第152話「いらない萌えと、いる勇気」

第14巻掲載


第151話「ワイルドなライフ 動物が許してくれない」
第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー…」
第149話「ハイキングに行きたい。すごい行きたい。ていうか仕事場から出たい」
第148話「新学期の新しいクラスになったときはなんとも思わなかった子が学期末には可愛く見えてくる不思議」
第146話「Distance~遠くても」
第145話「Distance~近くても」
第144話「時代劇でも桜吹雪を見れば人はたいてい素直になる」
第143話「僕たちの行方」
第142話「正体がバレると動物にされるって設定はよく考えると怖いよね」
第141話「それがどんな無茶振りでも男の子には女の子の期待に応える義務がある」

第13巻掲載


第139話「練馬と杉並の喫茶店とファミレスはまんが家と編集とアニメーターだらけ」
第138話「Keep On Dreaming」
第136話「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」
第135話「ローゼンメイド。ローゼンが作ったメイド。ジャンクにしてあげない」
第134話「もしも僕が死んだならハードディスクは中身を見ずに破壊して」
第133話「バブルの夢をこの手につかめ」
第132話「開運☆野望神社 桂姉妹は出ません」
第131話「スマイル0円てまだあるんだっけ?」
第130話「生きようとする意志は何よりも強いとどこかの流浪人も言ってたけど、なかなか…ね」


第12巻掲載


第126話「そこに行けばどんなクッキーも作れるというよ。誰もみなお返ししたがるが遙かな待ち合わせ場所」
第125話「自分で買うのはイヤだけどもらうと一番嬉しいものはなんですか?見つけにくいものですか?」
第124話「ス○イダーマンの日常は映画がのように化け物と戦う事ではなく人命救助なように、執事の日常もこんなもの」
第123話「いつか……信じて」
第122話「ほしのこえ」
第121話「さよなら人類(私だけ)」
第120話「“湯あたりたまご肌”と呼ばれたモモイがよ~」
第119話「三千院ナギの小宇宙戦争~スターダストメモリ~」



第11巻掲載


第118話「月は無慈悲な夜のお嬢様」
第117話「キワキワのラストボーイ」
第116話「夢の中より夢のよう」
第115話「RUN TOGETHER」
第114話「走れ!正直者じゃなくても」
第113話「迷ったらとりあえず赤く塗れ」
第112話「レイルウェイが切なくて」



単行本


第11巻感想
第10巻感想



アニメ「ハヤテのごとく!」第1期


第52話「RADICAL DREAMERS」
第7話「男達の戦い」
第4話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」
第3話「世界の中心で愛を叫んだり叫ばなかったりする獣とロボと執事」
第2話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」
第1話「運命は、英語で言うとデスティニー」


ハヤテのごとく! RADIO THE COMBAT BATTLER


第2回(2007/04/13)
第1回(2007/04/06)


その他ハヤテ記事


・[第197話関連]卵とトマトの炒めものを作ってみた。(08/10/27)
マ、マリアさんwww(07/05/03)
合併でもBSは更新するんですね。(07/05/03)
2007/01/07(Sun) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライトノベル index
各記事リンクです。
作者別五十音順です。
出版別は、横のバーにある検索欄に出版社名(例:電撃、角川スニーカー、MF文庫Jなど)を入れて検索するか、お手持ちのブラウザ機能などで、出版社名でページ内検索をするかしてください。
タグは振ってあるので出てくるはずです。


【あ行】

有川浩


図書館内乱/メディアワークス
図書館危機/メディアワークス


【か行】

鏡貴也


いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後/富士見ファンタジア文庫


賀東招二


フルメタル・パニック!つどうメイク・マイ・デイ/富士見ファンタジア文庫


【さ行】

時雨沢恵一


リリアとトレイズ5 私の王子様[上]/電撃文庫


【た行】

高橋弥七郎


灼眼のシャナ14/電撃文庫


谷川流


涼宮ハルヒの分裂/角川スニーカー文庫


土橋真二郎


扉の外/電撃文庫


【な行】

奈須きのこ


DDD/講談社


【は行】

橋本紡


→別記事ですクリックで飛びます。


支倉凍砂


狼と香辛料5/電撃文庫


平坂読


ラノベ部/MF文庫J
2007/01/07(Sun) | ライトノベル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
橋本紡 index
各記事リンクです。

▽ トークライブ
⊿ 2007/11/03 図書館講演 in 野洲図書館


▽ 読切

小説推理


⊿ ('08)11月号 フレンズキス



▽ 連載

野生時代


⊿ ('08)12月号 サイドチェンジ1

別冊文藝春秋


⊿ ('07)11月号 清洲橋



▽ 出版済

電撃文庫


⊿ 猫目狩り<上>
⊿ 猫目狩り<下>
⊿ バトルシップ・ガール
⊿ バトルシップ・ガール2 隠された惑星
⊿ バトルシップ・ガール3 ファリナス襲来
⊿ バトルシップ・ガール4 戦いの果てに
⊿ バトルシップ・ガール5 ナツミをさがせ!
⊿ バトルシップ・ガール6 右から二番目の星へ
⊿ バトルシップ・ガールSP―いつの日か
⊿ リバーズ・エンド
⊿ リバーズ・エンド2 slash the heart
⊿ リバーズ・エンド3 free the birds
⊿ リバーズ・エンド4 over the distance
⊿ リバーズ・エンド5 change the world
⊿ リバーズ・エンド after days
⊿ 半分の月がのぼる空 looking up at the half-moon
⊿ 半分の月がのぼる空2 waiting for the half-moon
⊿ 半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon
⊿ 半分の月がのぼる空4 grabbing at the half-moon
⊿ 半分の月がのぼる空5 long long walking under the half-moon
⊿ 半分の月がのぼる空6 life goes on
⊿ 半分の月がのぼる空7 another side of the moon-first quarter
⊿ 半分の月がのぼる空8 another side of the moon-last quarter
⊿ 毛布お化けと金曜日の階段

角川書店


⊿ 月光スイッチ

講談社


⊿ 彩乃ちゃんのお告げ

光文社


⊿ ひかりをすくう

集英社


⊿ 九つの、物語

新潮社


空色ヒッチハイカー
⊿ 流れ星が消えないうちに

文藝春秋


橋をめぐる――いつかのきみへ、いつかのぼくへ

メディアワークス


半月-HANGETSU-山本ケイジ画集→花冠
⊿ 猫泥棒と木曜日のキッチン
2007/01/07(Sun) | 橋本紡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
このブログについて。

⊿ あいさつ

はじめまして、こんなブログに来て下さってどうもありがとうございます。

このブログは主に、

橋本紡先生の著作物の感想だとか、
畑先生のマンガ「ハヤテのごとく!」の感想だとか、
読んだライトノベルの感想だとか、
その他「なんかこれいい」と思ったものだとか、

とにかくリアルで大きな声で言えなかったことを書いていくブログです。

ラノベのネタバレについては、出版から書くまでに時間がかかるので配慮しません(!)。
ハヤテの感想についても……配慮しません。
ので気をつけて下さい(ヲィ

気に入ったものは新旧気にせず書いたりします^^;
リバーズ・エンドとか半分の月とかさっ


あと、どうでもいいですが、このブログのタイトルは
半分の月→ half moon (English)→ halber mond (German)
と変換してローマ字読みしただけです。

⊿ リンクについて。

リンクはフリーです。どこへでもどーぞ☆
許可とかいらないです、どんどん張って下さいね♪

また、報告は自由ですが、報告いただけると管理人が喜びます。遊びに行ったりします。
相互リンクは現在募集中です、メールなりコメント欄なりでお願いします。

⊿ コメント・トラックバックについて。

関連性のあるものならばどちらも大歓迎です!
管理人の明日への活力ですので。
コメント返信もしていくつもりなのでどんどんお願いします。
トラックバックも基本返す方針です。

関連性のないもの(と管理人が解釈したもの)や不適切な発言などは削除させていただきますのでご了承下さい^^

⊿ 管理人について。

セラって言います。
誰も知らないはずです、このブログから使うので。
自分の性質についてはまた別記事に書くかもです、運営方針にかかわるので^^;
一年に300冊とかそんな膨大に読める時間がないので視野が狭いかと思いますがなにとぞよろしくお願いします。
メールは←の方にあるメールフォームからどうぞ。
要望があればアドレス公開します。



実はランキングに登録しております。
クリックしていただけるとなんとランクが上がるそうです。
よかったらお願いします。
FC2 Blog Ranking
2007/01/07(Sun) | 案内 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。