ハヤテのごとく!のINDEX

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハヤテのごとく!【第258話】 なんだかなぁ、ええー。。。。
今週はなんだかバッシング気味ですにょ><



先週書けなかったんで、軽く前話まとめ。

・人生の9割はきっと思い通りにならないことばかりだから~神さまの力みたいなものを求めてしまう~のくだり。
・歩とヒナの再出発、という名の一時戦線離脱(だと思います僕は。)

そんな印象を受けました。


アテネ編、まだ着地点が見えませんけど、自分の欲しかった何か(自分でもはっきりしてないので無責任にもほどがあるのですが)からはからはどんどん逸れているような感じしかしないので怖いです。
完全に感覚とか無意識下の問題なんだよなぁ。
文章化できればいいんですが。。。

今週はアテネ邸へ収束して行きます。


アテネの中でもミダスとアテネ自身が戦っているようですがミダスが俄然有利。
王玉レプリカの力も弱まらなければ伊澄さんは完全に役に立っておりません。

アテネは文字通り全身全霊をもってミダスを沈める決意をします。
正直「渡しの招いた罰だから」(と、あとまぁ世界が終わる(笑))だけでは説明し切れてないような気がするんだよなぁ。

そんなアテネを助けようともがくハヤテ。
10年の時を越えてここアテネで本当に久しぶりに会った。あえないと思っていた彼女に。
言いたい言葉、話したいことがある。
それなのに・・・!

この気持はわかるんですよ。
そして10年前には助けられた側であり相手は恩人ですからね。
ただアテネの死に急いでいる感のせいですごい陳腐に見えてしまいました。



そこに白桜を持ったヒナギクの登場。
正宗を受け取り動けるようになったハヤテ。

さぁ反撃開始です!


って感じですね。一撃で勝負ついちゃったりするんだろうなぁ。
それこそ本気でアクション入れてガッツリ戦ってその上でアテネがもうダメ。。。みたいな展開僕は好きだけど。

さてどうなることやら、なんだかんだ楽しみです←

スポンサーサイト
2010/02/06(Sat) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ハヤテのごとく!【第252話】 お金ではなく、お前が守るのだ。
気づけば12月とか。。。おかしいなぁorz
言ってても仕方が無いので今週のハヤテのごとく!


一人暗いままのハヤテのもとヘ来たナギ。
軽口を言いながら、帝からもらった王玉を見せろという。
半ば彼女の中に確信があったのでしょう。


(ナギ)「ハヤテが苦しそうなのは・・・この石のせいか?」


ここからもう鳥肌ですよ。



(ナギ)「言葉は不完全だから。
言葉にすれば誤解を生む。
勘違いの元となる。」


(ナギ)「そうだろ?」

この「そうだろ?」でもう一打撃。
どこまで含まれているのかなぁと、読者はみんな思ったんじゃないでしょうか。
もしや気づいていたのかと。
それでも、もはやそんなことは関係ない程の関係になったという確信も含まれているように思います。



そしておもむろにくるみ割り器を取り出し――王玉は欠片へと散りました。
ハヤテは取り乱します。
この石はナギを守るお金と直につながっているとても大切なもの。
これから先の未来の安全を約束するものでした。

それを今自らの手で壊し、そして彼女は言います。
こんな石ころでハヤテが苦しみから解放されるならそれでいい。

(ナギ)「ここから先の未来は…お前が私を守ってくれ。」


ナギが、お金など関係なくハヤテが付いて来てくれるということを確信しているからこその答え。
しびれた。
それでこそナギ。だからこそのナギ。
ズンときました><



///


伊澄に提示された選択からは逸れた展開になりましたが予想を遥かに上回る展開で鳥肌立ちまくりでした。
とってもとっても本当に面白かった!
次話は再来週になりますが、アテネ方面の対応という事になると思います。
そして日本へ帰る流れでしょう。
王玉を割った影響がどこから表れてくるのか、とても気になりますね!!


2009/12/10(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハヤテのごとく!【第249話】 選択の時迫る。
久々のハヤテ感想。


マキナくんもでたし、バトル回も終わり、好きなだけ裸を描いた後の、超本編です。

ハヤテは最大の難問を突き付けられることになります。
ナギの今後とアテネの命。
石は一つしかないんだから、現状の条件だと二つに一つ。

伊澄さんが断定的に進めている話を信じていいという仮定です。
なんとなく一部で話が進んでいる感じで信じていいのかなぁ、という感じもあるんですけどね。
英霊のコトとか、アテネ周りだと結局このメンツで進むのは当然かとも思うのできっと思いすごし。



決断。
正確には早くて次々話ぐらいでしょうが。

そりゃぁもう読者はみんな笑って迎えられる結末が欲しいわけですが、だからといってそんなお気楽な策を伊澄さんが持ってきてしまったら完全に白けますよ。
なんだかんだでどっちを選ぶっていう葛藤と、そのうえでの終着点が気になってしょうがないし、そこが作者の力の見せどころでもあると思います。


「伊澄がもってきてくれるかもしれない新たな案」は、ハヤテがもうどうしようもなくなって、そこにすがれるもの――すがってしまいたくなるもの――として一つの葛藤の種になると思うので、そういう方向でいいスパイスになってくれればと思います。
2009/11/19(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第237話】 勇気を。
どうもお久しぶりです!
夏コミお疲れ様でした☆

僕は2日目からの参加でしたが、何の準備もする暇なく行ったのでぶらっと回っただけみたいなねw
もっと余裕を持って予定が立てられればよかったなぁ。。。
というわけで(?)、時間はないけどモチベは少しあがっていたりします。



今週のハヤテですけれども。

□ ナギの優しさ
前話の最後で、ヒナギクはハヤテに告白することを決意しました。
それを受ける西沢さんはやっぱり不安です。
そんな西沢さんに、見かねてというよりは元々そのつもりだったようにだと思うんですが、とにかく、博物館一つの開館時間を延長させちゃいます。
ちゃんとお礼を言う西沢さんに、照れるナギ、いい関係になったなぁ。


□ ヒナギクの決意
当のヒナギクですがなにやら豪華な車で登場ですが、誰の車なんだろう。
三千院のお迎えなら「待ち合わせ」とは言わない気が、、、どうでもいいか。
ハヤテと店に入るもやはり高所は怖い....んだけど、状況からヒナ祭り祭り--ヒナギクがハヤテのことを好きだと気づいた日--を連想しそれをなぞる展開。
手を繋げと要求するヒナギクは成長してますね、恥ずかしくて目を逸らしながら言ってるのもGJです←

料理出てきてないけど、もうここで言ってしまうのか。
でも言うならこのタイミングでしかない。
そんなタイミングなのに最終コマが気になりすぎます。

「伝えようと思ったんだ--」

これはどう見ても伝えたかったけど伝えられなかった類の言葉ではないのか。
このタイミングでアテネの街からの連想でアテネといえばみたいな、ハヤテのKYな所が発揮されちゃうなんて、そんなもどかし過ぎる展開になってしまうんでしょうか。
このタイミングを逃したらもうヒナギクに告白するタイミングなんて来ないんじゃないだろうか。

ヒナちゃん、がんばれ!!



□ 仮に告白したとして
一応書いておきます。
ハヤテの動揺は西沢さんのときを超えると思います。
でも目前にアテネの問題があるために、まずそれを解決してからとかってなりそう。
甲斐性の話もあるにはありますけど、今となっては陳腐な理由な気がしてくる。。。
そして、先に西沢さんには告白されているんです。確か二回。
どうしてもどちらかを選ぶという形になってしまう。
恋愛の対象に入ってないにしても、ナギを一生守るなんてゆっきゅんに誓ったりしている。

全てはアテネとの決着みたいなものが付いてからになるだろうな、と思います。
そしてそれがどこに転ぶかによります。可能性は低いと思いますがアテネが対象に入ってくる可能性もあるし、その場合アテネはある程度のアドバンテージをもつことになりますし。
またずるずると日常へ、日本に帰ってのらりくらりとって可能性も無くはない。がっかりしますが。



そんな感じで、次週はいろいろ別れ道だと思います。
ナギ・ハムの行程は絞って絞って、ハヤテ・ヒナの方を掘り進めて欲しいと個人的には思います><
2009/08/20(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハヤテのごとく!【第233話】一目で君だとわかります。お互いに--
大学生の皆さん、テストも山場ですね、僕はこれからですが、がんばっていきませう。



きました、ついにきましたよ!
ハヤテとアテネの再会。
どれだけ待ち望んだことか!!テンション上がりまくりですよ!

見開きが綺麗だー。確か過去編は金だったはず。対になる銀ということですが。
ちなみに僕はソウルシルバー買うつもりしてます。



で、ついにアテネの口が開きます。

アテネ「花畑に迷い込むクセでもあるのかしら」
まずここでアテネがハヤテを覚えていることは確定しているわけですよ。


アテネ「どこの誰かは存じませんが…」
念押しですねー、知らないフリ。
これでハヤテも一瞬戸惑う訳です、勘違いだったのかと。


しかしマキナの登場でハヤテの中で、彼女がアテネであることが一応確定と。
ただ、覚えていないのだと、そう思ってしまった。
そして辛い思い出として封印すると決めてしまったようですね。


一方戻ったアテネはマキナに辛く当たっています。そして最終ページ。
アテネ「ハヤテ…」
声を上げて再会喜び(?)たい、しかし喜んではいけないような、そんな事情がありそうな描写


その事情とは・・・?
10年の時を経て、アテネの服は黄金から黒へと変わってしまいました。
再会時のハヤテの服装は仲違いしたときと全く同じ。
これは何かを意味しているんでしょうかね。
先週書きましたが、アテネがロイヤルガーデンから出るにあたって何か変化がもたらされたのではないかと思います。

展開が楽しみでなりません!
2009/07/26(Sun) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハヤテのごとく!【第232話】 若き理事長様
どうも2週間ぶりです♪
単行本20巻はこの記事を書いたら読みます☆


先週も感想書きたかったけど、まぁ過ぎちゃったからしゃーない、、、
気を取り直して今週のハヤテのごとく!


□ 理事長
なんとまぁ。
アテネが白皇の理事長だとは・・・
それでヒナギクは知ってるのか。

理事はキリカさんの他には帝ですか。
そうなるとマリアさんとナギは絶対知ってるよね。
で、彼女らからすれば「何でハヤテも知ってるの?」みたいになるのか。


□ 白皇はもともと天王州家のもの
やっぱりロイヤル・ガーデン絡みの理由からなんでしょうか。
帝がそれを知っている所から、5人の理事も知っている と考えることもできると思います。
時計塔あたりが鍵で、学校自体はカムフラージュ。。。みたいな感じかもしれません。


□ そして遭遇
ハヤテは出て行ったときと同じ服装してるじゃないですか。
でもアテネは黄色(だっけ?)から黒になってるじゃないですか。
この辺、アテネの変化を物語っているのかなぁなんて。
たとえば、キング・ミダスを降してとか、自分自身に封印して、とか。



来週はいよいよカラーで再会!!
楽しみでなりませぬ><
2009/07/18(Sat) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハヤテのごとく!【第230話】 ほんとは要らないものばかり。
今週は早いぜ!
BS読んでる方はお分かりだったでしょうが前話の記事の最後はミスリードというか僕の願望です。
レストランの話は後です。
今週は雪路&薫編です。


□ 背景ネタ
なんというか、申し訳ないがフーンって感じになってしまった。
というか、わざわざイタリアに行かなくても最初から草津でよかったのではと思った。



□ 薫せんせ
最後ちゃんと告ってるじゃないか!
いや、「だった」なので微妙に思うかもですけど。

なのに雪路さんの返答がなんかアレです。
ものすごい過去話とか気になる感じになってます。
いいですね!気になりますね!そのうちGW終わったらやって欲しいなぁ。



□ 星に願いを
すっげー綺麗にミコノスの面々へ戻っていきました。
雪路的には全く意図していないですが、ロイヤル・ガーデンに掛かってますね。
やはり願いが叶う場所なのでしょう。
それこそ王玉つながりで。

ラストのコマはアテネさんです。
次週からこそは、絡んできて欲しいですね!!

2009/07/02(Thu) | ハヤテのごとく! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。